こんにちは。あい整骨院の成澤です。

世の中コロナウィルスの話題で持ち切り

ですね!!早く有効な方法が見つかって

ほしいですよね。

さて、本日のテーマは

 

「むち打ちに安静は必要か?」

 

これは、むち打ちに限らず良く聞かれる

質問ですが、答えは・・・NOです。

もちろんYESの場合もあり一概には言えません

が、ほとんどが必要ないと思っています。

そもそも、整骨院に来られるレベルのお怪我

でしたら、そこまで重症ではないはずです。

(もちろん例外もあります。)

 

なぜ、安静が必要ないのか?

それは、かえって良くなるのが遅くなるからです。

いくつか理由があるのですが、まず首は

全ての動作のスタートとなるからです。

 

・寝ているところから起きる

・座っているところから立ち上がる

・歩き出す

 

以上の動作は必ず首から始まります。

ということは、首を固定するとこれらの

動作に支障が出るということになります。

早く良くするための原則は「血流を良くする」

ということです。

ですので、なるべく早い段階で、よく温め

よく動かす。これがとても大事になります。

以上から安静があまり必要ないと考えます。

 

日常で、こういうときはどうすれば良いのか?

そう悩まれた時は、どうすれば血流が良くなる

のかを考えていただければと思います。

 

以上のことを、意識していただければ不調の

原因の予防にもなり、また不調の改善が

早まります。ぜひやってみてくださいね!