足底腱膜炎

  1. 足の裏が痛くて、歩くのが辛い
  2. ヒールを履いていると、足裏にピキッとした痛みが走る
  3. ランニング中、足の裏の筋が張ったように感じる
  4. 立ち上がる際に、足の裏に違和感を覚える

足底腱膜炎とは

足底腱膜炎とは、足の裏にある足底腱膜とかかとの骨との間に炎症が起きる状態です。立ち上がる際や歩行する際に、足裏のかかと付近に痛みを感じるようであれば、それは足底腱膜炎かもしれません。

痛みがひどくなると歩くこともままならなくなりますので、痛みが出たらすぐに相模原・上溝駅・淵野辺駅のあい整骨院へお越しください。

なぜ足底腱膜炎になるの?

足底腱膜炎を引き起こしやすいのは、ジョギングなどの足裏を酷使するスポーツを行っている方や、立ち仕事などで足裏が疲れやすい方です。

いずれの場合も、足の裏の筋肉が疲労によって硬くなってしまっていることが原因ですので、まずはそのこわばりを解消し、腱や筋肉の微細な断裂の回復を促さなくてはなりません。

また、骨格にゆがみやズレが生じている方も足の裏にアンバランスな力がかかりやすく、足底腱膜炎を引き起こしてしまうことがあります。足の裏に思い当たることがある方はぜひ、相模原のあい整骨院にご相談ください。

あい整骨院での足底腱膜炎の施術法

当院では、その方の足底腱膜炎がどのような状態にあるのかを正しく把握し、原因からしっかりと取り除いていきます。お一人お一人の症状に合わせてオーダーメイドで施術計画を作成し、よりスムーズに回復するようお手伝いをしております。

また、相模原のあい整骨院では、施術後のアフターケアにも最善を尽くし、運動機能に支障が残らないよう手厚くサポートしております。いつでも気軽にご連絡ください。