手足のケガ

あい整骨院では、捻挫、打撲、挫傷、脱臼、骨折などの処置も行っております。炎症を伴う運動器、関節、筋肉、靭帯等、ケガの応急処置やリハビリなどはお気軽にご相談ください。

日常でよくあるケガですと、突き指、腱鞘炎、肉離れ、足首捻挫、手首や指の痛み、膝の痛み、腰痛、ぎっくり腰、寝違え、四十肩・五十肩などのお悩みで来店される方が多いです。


スポーツ障害などのスポーツ時のケガや痛みですと、ランナー膝、ゴルフ肘、テニス肘、野球肩、オスグッド、シンスプリントなど、競技の特性による関節や筋肉、靭帯などの損傷や疲労によるケガがよくみられます。

炎症を伴うようなケガや痛みには、関節や筋肉、靭帯の損傷度合いに応じて施術していきます。炎症や損傷がひどい時はアイシングや物理療法である消炎鎮痛機器を使って、痛みを取り除くことから始まり、包帯やテーピングなどによる固定がメインとなります。(捻挫、脱臼などがあれば整復いたします。)

繰り返しの負荷による炎症の痛みに対しては、その周辺の硬くなった筋肉や靭帯、関節の歪みが影響していますので、それらは手技療法で施術していきます。

整骨院は病院や整形外科とは違いレントゲン・MRIなどの画像検査や投薬、外科的手術は行えません。必要な方には整形外科をご紹介いたしますので医師の診断や検査を受けてください。